HOME>アグラスウェディング

癒しの アグラスウェディング
b

風薫る、緑に囲まれた心地よいガーデンと

マティスの聖ロザリオ礼拝堂をモチーフとした

光と風の教会。

 

ナチュラルホワイトを基調とした

インテリアのカフェに

誰もがゆったりとくつろぎ、

楽しいひとときを過ごすことができるリビング。

 

背伸びしないおふたりらしい

安心のおもてなしが、

アグラスのホームウェディング。

M2
M1
M3
M4
r_04
M6

チャペルの3大スポット

南フランスのプロヴァンスにある
アンリ・マティスが手がけた「ロザリオ礼拝堂」。
「ロザリオ礼拝堂」をモティーフに作られた「光と風の教会」は、
伝統的な技法で作られたステンドグラスの優しく美しい光とともに、
足を踏み入れた瞬間にふたりをやさしく包み込みます。

  • 1伝統的な技法によるステンドグラス

    伝統的な技法によるステンドグラス

    色板ガラスをカットしたものを鉛の桟(ケーム)を使って
    組み合わせられたステンドグラス。
    優しい色合いながらも、自然で力強い美しさを放ちます。

    PICK UP

    PICK UP

    午前中は正面の祭壇のステンドグラスから、午後は右側のステンドグラスから光が差し込み、2つのステンドグラスがもっとも鮮やかに色づく時間帯に合わせて、パイプオルガンとヴァイオリンの演奏の中、セレモニーが始まります。

  • 2世界に一つの鐘

    世界に一つの鐘

    フランスのベル鋳造工房でつくられた、
    世界にたった一つしかないオリジナルの鋳造の鐘。
    セレモニーを知らせる鐘の音色も、世界にたった一つしかない
    「光と風の教会」だけの深く重みのある素敵な音色です。

  • 3風見鶏

    風見鶏

    風見鶏を教会の尖塔に据え付けることは、
    福音書に記されたペテロの失敗を繰り返さない戒めのシンボルです。
    「光と風の教会」の屋根の上にも、オリジナルの風見鶏が
    ふたりのセレモニーをそっと見守ります。

鞘ヶ谷ガーデン アグラス
093-871-3333
お問い合わせ フェア予約